真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

EL84-Champ その5

シングルのギターアンプはこれで一応トドメのつもりです。
SEギターアンプ用トランスのストックが片付きました。

12AX7-EL84三結。
c0004062_14535897.jpg


電源はノグチのPMC-55F。OPTは東栄T-850。

内蔵。
c0004062_14541568.jpg


回路図。
c0004062_14542722.gif


12AX7のカソードのパスコンをいろいろ弄ってみましたが、結局Champ5F1と一緒の構成になりました。
これぐらいのゲインがちょうど良いみたいです。

前回作った5F1コピーと比較してみました。
6V6のようなビーム管を歪ませるとFender的なちょっとブーミーでゴリっとした音になるようです。クリーンは、ダンピングの低さに起因するのでしょうか、柔らかい感触です。
三結の方がクリーンは素直な音になるようです。歪ませたときは、プリアンプで作った歪みに近い感触があります。ゴリゴリいう感じはあまりありません。
ギターアンプでいうところの所謂パワー管の歪みというのは、ビーム管や五極管の入力容量の低さとEp-Ip曲線の肩特性とが密接に関わっているような気がします。
あと、6V6よりEL84の方が中域は強めに出ますね。
ぺるけ師匠のいう6V6の線の細さっていうのは、この中域の引っ込み具合のことかもしれません。
[PR]
by org19 | 2008-10-24 15:09 | ギターアンプ

6922 差動P-P ミニアンプ

ちょっと久しぶりの更新です。

ギターアンプが続いたので、今度はオーディオです。
オーディオは前回は大物を作ったので、今回はコンパクトなやつです。

2SK30-6922の二段構成全段差動アンプです。
要するに、ぺるけ式3段構成アンプの出力段をすっ飛ばしてOPTに繋げてしまったものです。
c0004062_20163012.jpg

OPTはおなじみ東栄のOPT-5Pを10k:8Ωで使用。
B電源はトヨズミの100V:100V/10VAの絶縁トランス。
ヒーターもトヨズミの6.3V/1Aの廉価なトランスです。

内蔵。
c0004062_20174864.jpg

ドライバ段はユニバーサル基板で組みました。
シャーシは、昔作った6BM8シングルの再利用です。

回路図。
c0004062_2019151.jpg


普段、音楽を聴くときのアンプの出力を実測してみると、0.1Wもないことが分かったので、今回は出力0.5W以下のローコスト、省エネ、コンパクト路線で攻めてみました。
出力は、約0.4W*2。
消費電力は、ヒーターが約3.8W、B電源が6.1Wほどで、合計10Wを切る勢いです。
コストも、真空管無しなら¥8000ぐらいじゃないでしょうか。

6DJ8属の高GmのmT管を出力管として使っているので、メインアンプとしては、電源電圧がかなり低めです。
カソード電圧が3Vを切るので、LM317の定電流特性を得るため、LM317のアース端子をマイナス電源に繋いでいます。
最初はドライブ段直結にして、6922の上下のカソードをそれぞれ定電流回路で引っぱる独立定電流方式を採用しようかと思いましたが、却って面倒になりそうなので見送りました。

出力段は、上下各9mAほど流しています。
一応、6922のP損失の定格は1.5Wですが、5687のような頑丈そうな球ならともかく、6DJ8族の球を酷使するのは気が引けたので、プレート損失は1W弱に抑えています。
…と思っていたら、合計で2W以下で使うようにですって。ギリギリです。

こんな貧相なアンプでも、まっとうな音がして十分な音量も稼げています。
つけっぱなしで寝てしまってもあんまり電気代が惜しくない。
机の上に置いても邪魔にならない。
出力管を触っても火傷しない。
夏でも暑くない。
こりゃいいや。
[PR]
by org19 | 2008-10-20 20:48 | オーディオ

GOB-1200 プリアンプ作成

久々に楽器本体の話を。

グレコのアレンビック系の激重ベースGOB-1200です。
以前に土日本を参考に作ったプリアンプを入れてましたが、ベース内蔵用としてはイマイチ使いづらいので、新しく作ってみました。

まず、本体の写真。
c0004062_2274850.jpg


次、内蔵。
c0004062_2282314.jpg


元ネタは、おなじみのひよこのページのトーンボックス。
http://www8.plala.or.jp/KandR/sub_tone_box.html

3バンドイコライザー且つ楽器内蔵用なので、普通に配線したらキレイに収まらないのは目に見えているので、今回はフラットケーブルを使ってみました。
スッキリして良い感じですね。
パーツは手持ちのジャンク部品ですが、オペアンプはバーブラウンの2134があったので、とりあえず載せてみました。

元ネタがギター用なので、ベース用に使うにはミドルとベースの効き具合に若干の違和感がないでもないですが、前回のFender型のパッシブトーンコントロールより使い易いです。
ミドルとベースのコントロールの境をもうちょっと上の周波数にすると良いかもです。

このベース、本当に呆れるぐらい重いので使用頻度も低いしヤフオク行きにしようかどうしようか迷っていたところですが、久しぶりに音を出したらやっぱり当時のグレコベースの最上位機種だけのことはあって良い音してました。
ハムらしいローミッドがふくよかさがありつつ、きちんと芯もあってボヤけたりせず、弾いていてとても気持ち良いです。
重いのさえ我慢すれば、ネックの反りもほとんどなくて、テンションも適度で弾き易いし。
もうちょい手放さずに持ってようかなあ。

ところで、スティングレイもプリアンプをまた入れ替えたいんですが、ディスクリートで組みたいんですよね。
FET差動+CRトーンコントロール+バッファで組んでみようかと思ってます。さて。
[PR]
by org19 | 2008-10-07 22:24 | ギター・ベース
俄に作り貯めたギターアンプ群ですが、まとめて箱を作ってみました。

正面。
c0004062_13124928.jpg

左列の上から、EL84シングル、6V6 P-P、6L6 P-P、右列上からChamp(B電圧高め)、Champ(B電圧低め)+エレハモ8inchスピーカとなってます。

裏面も。
c0004062_1313484.jpg


全部同じ色じゃつまらないので、赤いのと黒いのを作ってみました。
茶色は、ボンドで目止め、オイルステインで着色して、上からクリアラッカーを吹きました。
赤は、オイルステインの替わりに水性の顔料で着色してみました。
黒はカシューです。

ラワンベニヤを茶色く塗っても、イマイチ、ギターアンプらしくなりません。
やっぱりツイードとかトーレックスとか貼り込むと、それらしくなるんでしょうが、高いんですよね。

しかし、サンドペーパーのかけすぎで右手が筋肉痛です。
[PR]
by org19 | 2008-10-06 13:33 | ギターアンプ

LM386 ギターアンプ

何度か作っているLM386を使ったギターアンプですが、ピグノーズの箱に組み込んでしまってあるので、他の箱でも鳴らしてみたいな、というわけで作ってみました。


c0004062_18432470.jpg


c0004062_18434598.jpg


元ネタはここの下のです。
http://www.runoffgroove.com/littlegem.html

久しぶりにユニバーサル基板を使ったので、実装の勝手を忘れてしまっていて、ちょっと戸惑いました。
箱はCMOYヘッドホンアンプをバラしてリサイクル。
前面パネルはいろいろ穴があいていたので、アルミ板を削りだして作り直しました。

Jensen P12-Rなんかにつないでみると、意外に迫力もニュアンスも出るし、不味くはないです。
これはこれでアリだと思うなあ。
[PR]
by org19 | 2008-10-04 18:48 | ギターアンプ
ダイトーボイスのロクハンDS-16Fが余っていたのですが、Qtsが割り合い大きめなので、バックロードなんか無理だし、バスレフもなんだか面倒だし。
というわけで、倉庫にあった12mmラワンベニヤで後面開放箱を作ってみました。

c0004062_18224882.jpg

塗装は、前回のカラーアルミスプレー同様、投げ売りされていた「ジェルカラーニス」なるものです。
布で擦りこんで仕上げるのでムラにならないという触れ込みです。
要するに「オイル仕上げ用オイル」として売られている一液型のウレタンニスと顔料を混ぜてあるのかな。
下地処理はペーパーがけしかしてませんが、わりと良い感じに仕上がりましたよ。

後面開放箱って、オーディオ用としては初採用です。
ユニットも@1600円ぐらいだし、全然期待してなかったのですが、意外と良いです。
レンジの広い最近の録音だとちょっと迫力不足な感じですが、ナローレンジな昔の録音なんかだと、とても気持ちよく聞けます。
開放的な鳴り方をするというか。

もうちょい素性の良いロクハンユニットで後面開放をもう一個作りたくなってしまいました。
[PR]
by org19 | 2008-10-04 18:40 | オーディオ