真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12AQ5全段差動ステレオ

ご無沙汰です。
秋葉原はクラシックコンポーネンツで1本300円で売ってた12AQ5をついうっかり買ってしまったので、また一台アンプを作ることになりました。

12AQ5といえば、6V6のMT7版の6AQ5のヒーター電圧違いです。
RCA製だけど、やっぱりこういう球は人気ないんでしょうね。

c0004062_22425866.jpg

ドライブ段は6aq8を、プレート抵抗小さめ、電流多め(22k・4.5mA)で使ってます。
トランスは春日無線で揃えてみました。
出力トランスは8Kですが、これだと12AQ5の耐圧(250V)的に使いづらいので、16Ω端子に8Ωを繋げて4kとして使ってます。

c0004062_22431277.jpg

内臓。
今回は電源以外は平ラグを使わずに組んでます。
平ラグのほうが楽ですね。

6AQ8の内部抵抗が15kΩ前後、12AQ5の内部抵抗が2.4kΩ前後かと思います。
つまり、高域特性もそこそこ、ダンピングは若干低めです。
回路的にも、出音的にも、まあこんな感じでしょうといったところなので、回路図はパス。


しかし、今回、作り慣れた回路だと思ってなめてかかったせいか、意外と手間取ってしまいました。
ヒーターがショートしてたり、ダイオード逆につけてたり。
3回程、煙でました。ヒューズは4本ダメにしました。
[PR]
by org19 | 2008-04-24 22:58 | オーディオ
前回のEL84差動ギターアンプに気を良くして、もう一台。

c0004062_1192359.jpg


EL34三結のギターアンプです。
プリアンプはフェンダー型ドンズバ。二段の12AX7の間にトーンスタックを挟むアレです。
位相反転も12AX7、電力増幅はEL34を三結にして、どちらもおなじみ定電流回路でしばって差動してます。

c0004062_1194193.jpg


内臓。
前回のように、初段から差動にしてしまえばノイズは抑えられることが分かったんですが、そればかりでも芸が無いと思って、基本に立ち返ってフェンダー型のを採用してみました。
フェンダー型のトーンスタックってギターアンプ標準回路ですが、一段増幅しただけの小信号を高インピーダンスでズルズル配線を引き回さないと行けないので、うまく作らないとノイズだらけになるんですよね。
今回は、プレート、カソードとメインの基板を結ぶ配線を撚って、トーン間の配線もアースラインでグルグル巻きにして、交流の信号ラインでできるだけノイズを拾わないようにしてみたんですが、努力の甲斐あって、かなりノイズは抑えられました。

電源の平滑コンデンサは、ジャンク屋で買った220μF/250Vのケミコンがたくさんあったので、直列にして使ってみました。

チョークはぺるけ師匠推薦のノグチの1H/150mAの小型のタイプ。

回路図。
c0004062_1195528.gif

位相反転からはぺるけ師匠の平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプ、ほとんどそのまんまです。
EL34カソードとLM317の間の抵抗は、LM317の消費電力を一部肩代わりさせるためのものです。
やっぱりB電圧がちょっと高めにでたので、出力段の電流も若干増やして上下で130mA程度になってます。
出力は16Wほど。プレート損失は片側27W弱。
EL34の多極管ネイティブの定格は25Wですが、三結時の定格は30Wとか32Wとかいう説もあるので、一応は定格内としておきます。
本当は、電圧も電流も、もう5%ぐらい抑えた方が良いとは思います。


さて出音ですが、かなりタイトです。
EL34三結時の内部抵抗は1kΩ前後らしいので、ギターアンプとしては、かなりダンピング高めなのが効いてると思います。
オーディオ的には良いんでしょうが、ギター用としてはちょっと線の細い感じがしたので、プリ段のトーンスタックの定数を若干弄りました。
具体的には、470pFと0.1μFの間の抵抗を100kから65kに変更しました。

EL84と比べると、こっちの方が音が硬めです。
フェンダー型のトーン回路と最大出力の違いもあるんでしょうが、EL34のキャラクターだと思います。
前に作ったデラリバのコピーアンプと比べた場合も、今回のアンプの方がキッチリ細部まで表現する感じがあります。
クランチの感じはVOXのアンプに近いかもしれません。もっとワイドレンジでハイファイですが。

ちょっと気になるのが、残留リプルです。といっても、ギターアンプとしては十分合格レベルですが。
おそらく、初段でB電源のリプルを拾ってると思うので、ドライブ段からもう一段π型フィルタをかますと良いのかもしれません。
[PR]
by org19 | 2008-04-08 12:32 | ギターアンプ