真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

というわけで。
ようやくSG完成しました。
と言っても、実は一週間ほど前にはできてたんですが、更新をサボってただけです。

c0004062_22541748.jpg

まあ、前回の写真に弦を張ってノブを取り付けただけなんで代わり映えしませんが。
電装系はCTSの500KAにBumblebee.022の600V。ホントは.033の200Vとかあると良かったんですけど、手元にないんで。
配線材は、いつもギブソン系で使ってるGEの撚り線にベルデンの80年代あたりの網線シールドを被せたものです。
レスポールよりも配線の取り回しが短くて済むので、作業性も経済性も良好。

フレットは結局、パテ埋めとかはせず、フレット浮きがあるのは見ないふりをして擦り合わせしてしまいました。
個人的な好みとして、フレットはあんまり高いと弾きにくいので、わりと多めに削りました。
まあ、ごくたまにフレットと指板の間に1弦が挟まりますが、気付かないふりを続けます。

ビグスビーアームですが、ヤフオクでゲットした80年代の中古品につき若干のガタがあるので、新品に交換しようか検討中です。
あと、アームが邪魔になってボリューム&トーンがが非常に操作しづらいです。特にフロントのトーン。まあ、仕様なので諦めます。

で、肝心の音ですが、期待を裏切らず、とても良いです。
グネコロゴの頃(70年代前半)のグレコって、電装系とか金属パーツがなんか怪しかったりして、若干ビザール臭かったりもするんですが、木部の素性は良いので、パーツを換えてやれば化けます。

P-90欲しかったんだよね。しかもアームつきで。満足です。
ちょっと音が硬いのはスチール製のブリッジサドルとギブソンの硬いフレットのせいかなあ。
チタンはちょっとイメージが違うんで、ブラスかカーボン製のブリッジコマに交換を検討中。


で、UglyFaceとひよこディストーションをまた作りました。
どうも人にあげたエフェクターって、一時はいらないと思っても、また欲しくなる不思議。
c0004062_2311153.jpg


左側がUgyFace。
フォトカプラはCDS+LEDで自作してます。
なんか、前に作ったのよりさらにエグい音になってる気がする。
フリケンシーは、大きいノブを買ってきて足でグリグリできるようにします。

右側がひよこディストーション。
世の中の歪みとミッ○ーマウスを掛けてます。嘘です。
家中探して、手頃な大きさの空き缶がこれしか無かったんです。
音的には、やっぱりクセのないごく普通のディストーションですね。
ギラっとしたクランチはRATの方がいいですけど、さらに歪ませるならこっちの方がいいな。太いし、ブーミーにならないし。
ただ、スイッチがカーリングの1回路3接点のフットスイッチしかなかったので、バイパス時にエフェクト音が漏れます。
ディ○ニーも表面上はキュートでチャーミングでピースフルを装ってますが、裏では著作権法の有効期限を50年から70年に引き延ばして、甘い汁を吸い続けるべく工作してたりするのを表現してます。嘘です。
最近は、有り合わせの材料で適当に作ってます。


ええと。
そろそろフルチューブのコンボアンプを作りたいです。
コンセプトは1chのデラリバ。
[PR]
by org19 | 2007-04-10 23:22 | ギター・ベース