真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

iMacG5がやってきた

というわけで、昨日注文して、今日の昼前には届きました。
早いなあ。PCボンバー。

久々のデスクトップなので、まずは置き場所の確保をしないと、というわけで、一日かけて部屋の片付けと模様替え。
タンスを片付けて、そのかわりに物置に放置されてたパソコンデスクを引っ張りだして設置。
タンスを2階から倉庫まで一人で運び出すのはさすがに重労働でした。
ついでに、衣類もいらないものを整理したんですが、出るわ出るわ。
結局、ゴミ袋にして5袋も処分しました。
で、パソコンを起動できたころには、もう日が暮れてましたが、まあ、大掃除もできたので良しとします。

それから。
iMacG5の20インチのファーストインプレ。
まず、やっぱり画面でかい。
大学入ってからというもの、12インチもしくは15インチのノートをずっと使ってたので、画面が広すぎて目が疲れます。
高校の時は21インチのブラウン管を使ってたんですが、こんなに画面大きかったっけ?という感じではありますね。
あと、画面がとても明るいのはよいのですが、彩度が妙に高い感じで、特に暖色系が気持ち悪いです。まあ、慣れでしょうけど。

あとは、古いパソコンからデータの移植やなんやかんやしてました。
なぜかメールのデータをうまいこと読み込んでくれないんですが、まあ、そんなに重要なメールはないので、良しにします。
明日あたり、無線LANと増設用メモリが届く予定なので、その辺も含めてインプレします。

しかし、さすが最新機種だけあって早いです。
例えばネット見るのにしても、画像の多いページはやたらと重いのは、回線が遅いから仕方ないかと思ってたんですが、どうやらパソコン側が追いついてないだけらしくて、iMacだと一瞬で表示されました。
やっぱり、3〜4年経ったら買い替えないとダメですね。
[PR]
by org19 | 2005-12-30 01:58 | 日記

一人酒

風呂上がりに晩酌しつつブログ更新。

ええと。
例のグレコのデラックスですが、ちょっと思い立ってまた改造。
リアのハムをタップさせるんですが、普通にタップさせるだけじゃ芸が無いので、ノーマルのハムとタップ音をリアトーンの位置にあるツマミで調節できるようにしてみました。
つまり、フルテンで普通のハム、ゼロでタップしたシングルになって、その間が無段階で調整できるわけです。

仕組みの説明を一応。
普通、ハムバッカーをタップする時は、ミニスイッチなんかを使って二つのコイルのうちの片方をアースに落としてしまうわけですが、そのアースに落とす量をポットで調整することで、ハム〜タップ音の中間の音を出せるようにしてるんですね。
ただ、普通のポットだと、フルテン時でもいくらかアースに落ちてしまって、ノーマルのハムバッカーとは違う音になってしまうので(まあ、そこまで気にしなくても良い程度ですけど)、今回は、フルテン時にトーンを完全にバイパスするポット(Sonicから「フルアップトーン」として売られてますね)を作って、フルテン時には、完全なノーマルのハムになるようにしました。
最初は、500kのポットで作ってみたんですが、あんまり具合が良くないので、アクティブ用にもってた25kのポットを使いました。

要するに何がしたかったかと言うと、P-90的な「シングルとハムの中間」の音を出したかったんですね。
ただ、実際に使ってみた感触としては、やっぱりP-90的というよりは、「ハムバッカーとタップ音との中間」って感じで(当然ですが)、P-90的な音にはならなかったですね。
でも、使い用によってはいろいろ面白いことできそうです。特に、センターポジションの時、面白い音が出ました。
で、この回路ってば、けっこう面白い回路なんじゃないかとか風呂に入りながら考えてて気付いたんですが、Sonicで売ってるターボブレンダーと同じことやってるんですわ。多分。
一応リンク張っときましょうか。ここです。
ここの主催の竹田豊氏って、ギターマガジンとかベースマガジンでよく出て来る人で、わりと好きなんですけど、ただ、フルアップトーンとかターボブレンダーとかの改造パーツはどうもアコギな感じがして好きになれません。
特にフルアップトーンで、フルテンの時にコンデンサをバイパスしてしまうと、ギターの音としてあんまり面白くないと思うんですよね。
そのへん、トーンは無い方がいいみたいな間違った知識を広めてるみたいで好きじゃないです。
そのへんも好みなんですけど。

ええと。で。
デラックスのコンデンサですが、ブラックビューティーの03uFをつけたてたんですが、音が上品すぎてなんか気に入らなかったので、GoodAllのビタQタイプの033uFに交換しました。
このギターはビタQ系の適度に枯れた感じが似合うみたい。


それからそれから。
パソコンを買いました。iMacの20インチのやつ。
明日か明後日に届きます。
ええと。どこに置こうかなあ。
とりあえず部屋を片付けないと。
普段はわりときれいなんですが、ギターの改造をはじめると加速度的に部屋が散らかるので。
[PR]
by org19 | 2005-12-29 02:10 | ギター・ベース

デラックスにP-90

というわけで、久々なのにいきなりでアレですが、デラックスにP-90を載せてみました。
c0004062_1171495.jpg

P-90、いいなあ。で、リアにハムを載せて、レスポールのおいしいトコ取り。
僕の中では、このレスポールは、ニールヤングのビグスビーレスポール+ピートタウンゼントの改造デラックス+ジェームスヘットフィールドの最近のシグネイチャーの3つの合体版なんですが。

あと、EG-900を買いました。
知る人ぞ知る、肉とギターとオードブルの店、MEAT SHOPこしみずにて通販です。
興味のある人は、詳しくは機材のページを。


ええと。
現在、ヤフオクにて大売り出し中。
ギブソンのVとか、ヴァレイアーツのフロイドのギターとか、ディマジオ、EMG、ギブソン、ダンカンのピックアップとか、クライベイビーの中身とか。
EG-900と交代でグレコのEGF-1000も出品したんですが、一瞬で希望価格で売れました。
アクセス数もやたら多かったし、やっぱりグレコ人気再燃してるんだなあ。


今、エリア88を読んでます。終わったら感想かきます。

あー。
気が付いたら年末ですね。
[PR]
by org19 | 2005-12-28 01:29 | ギター・ベース
女だらけというか、熟女だらけというか、正直なところ老婆だらけの忘年会だったわけですが。
平均年齢70歳ぐらいか。
まあ、まとめて近所の婆ちゃんの相手するのもいいかなと。

ええと。
ラジカセアンプ、まあ安っぽいんだけど、フルテンで弾けるので気持ちいいです。
やっぱりフルアップさせた音ってのはいいなあ。

そろそろ。
卒論を。
一週間で書けるかな?
[PR]
by org19 | 2005-12-08 23:19 | 日記
日曜、葬式を終えて上京したのですが、翌日、月曜の昼、また葬式の電話。
今日が通夜、明日が葬式。
土曜にも仕事が入ってるので、そのまま実家にいます。
もうなんだか、見えざる仏の手が卒論を書かせまいとしているようにしか思えません。

で。
実家に帰ったついでにワウ。
クライベイビーの箱以外、総とっかえです。ON/OFFのLEDもつけました。
c0004062_2375347.jpg


c0004062_2392261.jpg

下のが中身ですね。
ジャックはスイッチクラフト、配線材はギャビット、スイッチとポットはフルトーン、インダクターはFASELの赤、コンデンサもトロピカルフィッシュやらEROやら、抵抗もアーレンやら。
普段、エフェクターはパーツはあんまりこだわらないんですが、今回はパーツ数も少ないので凝ってみました。
パーツはギャレットオーディオのワウ用パーツリストひらけんさんのサイトを参考にしてます。

楽器屋に同じのをオーダーしたとしたら、3万じゃあ、まず買えないだろうなあ。
抵抗の定数とかは、もうちょい追い込みできそうだけど、とりあえずこれで。
なかなか良いです。

それから。
アンプ作りました。

c0004062_344260.jpg

ただのラジカセにしか見えないかもしれませんが、使わなくなったラジカセの中身をギターアンプに入れ替えてます。スピーカーはそのまま使ってます。もちろん、ラジカセとしては使えません。
中身はrunoffgroove.comの二種類あるうちの上の方の回路図を参考にしてます。
要するに、スモーキーアンプのアレンジですね。
僕はマスターボリュームは無しにして、簡単なトーンをつけました。単3電池6本で駆動してます。
壊れたラジオみたいというか、壊れたジカセそのものなんですが、ローファイというか安っぽくて面白い音がします。
泥臭いブルースとか良さそう。ゲインをフルテンにすると、プラスチックの筐体のなんとも安っぽい箱鳴りが加わって、味わい深いです。
回路が単純なせいか知りませんが、ギターのボリュームコントロールにも、かなり素直に反応してくれますね。
家にあったもので作ったので、製作費は500円ちょいかな。

ええと。
何か忘れてるなあ。

…卒論?
[PR]
by org19 | 2005-12-07 03:16 | ギター・ベース

うる星やつら

うる星やつら、卒論提出日まであと十日にして読了。
おもしろいけど、やっぱり長いっちゃ。
でも、ラブコメとヤンキー漫画は、どこまでだらだら引っ張れるかが勝負っちゃ。
これだけ長くても退屈させないんだから、やっぱり高橋留美子は天才っちゃ。

ええと。
卒論が終わったら、FenderのChampのコピーを作りたいです。オールチューブで5Wぐらいのギターアンプ。
あと、フレットの打ち直しもしたいなあ。
でも、その前にワウを作らなきゃなあ。
MXRのPhase90とDynacompも作りたいなあ。
トレモロも作りたいけど、どのへんが定番なのかよくわからん。
フェンダーのアンプに内蔵されてたトレモロの回路図とか探してみようか。
多忙。
[PR]
by org19 | 2005-12-04 02:07 | マンガ・小説・映画

Wah

後輩に頼まれて、ワウを改造したんですが、触発されて自分のワウも改造してしまいました。

ええと。
後輩のは、ジムダンのCrybaby Classic。
中を見ると、インダクターにFASELの赤を使ってます。
こいつのポットをジムダン純正からエレハモのブラックトップに交換して、スイッチもフルトーンに交換してトゥルーバイパス。バッファの撤去はしてません。
あと、要所でWEの単線を使って、アースはBelden8412で強化、アウトプット周りは古いKesterを使ってます。8412でアース+アウトプットにVintageKesterは私的定番改造メニュー。
こいつは、Classicというわりには、いわゆる伝統的なワウの回路じゃなくて弄りにくくて難渋しました。
ワウのくせにオペアンプとか入ってるのな。
音色的には「エグい」「トレブリー」なクライベイビーではなくって、マイケルシェンカー的な音を狙ってるぽいです。
まあ、改造の結果は、わりと好評のようなので良し。

自分のは、一番売れてるクライベイビーのGCB-95ですね。
こっちのが、クライベイビーって聞いて、わりとみんなが想像する方のトレブリーなやつです。
トゥルーバイパスと定数変更は前からしてあったので、今回はバイパス回路をWEの撚り線に交換、8412でグランド強化、あと、初段のトランジスタからアースに落ちるところの抵抗をボリュームにして外に出して、ワウのピークを変えられるようにしてみたり。
うーん。やっぱり音が軽いなあ。もうちょっと音色に含みが欲しいというか。

というわけで、アキバに出張して、FASELの赤とか、フルトーンのワウポットとか、抵抗・コンデンサとか買い込んで、ワウの中身を完全に交換する計画です。
乞うご期待。


で、実家に帰って来たわけですが。
晩飯食って、ひと休みしようとしたら、電話がかかってきて悪い予感。
案の定、お葬式ですよ。
合掌。
[PR]
by org19 | 2005-12-03 01:45 | エフェクター