真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ギターアンプ( 42 )

12AX7-6L6GC Champ風アンプ

どうもご無沙汰です。
久々にギターアンプ作ってみました。
その前に真空管アンプ作ったのが一昨年の七月ですので、2年以上のブランク…
リハビリを兼ねて、Champ系のアンプをば。
c0004062_21533250.jpg

c0004062_21534259.jpg

c0004062_21535224.jpg

c0004062_2154227.jpg

ペアの片方が割れた6L6と、ちょうど良さげな大きさの電源トランスがあったので、まるまるクッキー様から回路を頂戴して作ってみました。

キャビとスピーカは、以前作ったデラリバ風アンプを流用。
電源トランスは6L6 P-Pアンプのを分解したものです。このトランス、「FOR 50W TUBE AMP」と書いてあるわりに、全然容量が足りないようなので、シングルアンプにしてしまいました。
OPTは東栄のT-1200を3k:8Ωで使ってます。
EG2=306Vなので、300Vのグラフを使ってロードラインを引いてみました。
c0004062_22225841.gif

Ep=344V、Ip=50mA、Ek=-25Vで、RL=3kΩで、実測値とよく一致しています。
効率良く出力を取り出すなら負荷抵抗をもう少し小さくすべきでしょう。
そもそも、T-1200をOPTに使うには電流を流し過ぎです。
しかしまあ、ここはギターアンプなので細かい事は目をつぶりましょう。

チャンプといえば、大概6V6+8inchスピーカをイメージしますが、今回は6L6+12inchです。
球の違いによる音の違いは…よくわかりません。
スピーカの違いの方がよっぽど大きいですね。
Jensenアルニコの音ですよ。
[PR]
by org19 | 2011-08-22 22:27 | ギターアンプ
友人からの依頼品。
彼は、以前作ったデラリバ風味アンプをヘッドに仕立てたものを使ってくれているのですが、案の定というか、やっぱりキャビも欲しくなったとのこと。
注文は12インチ1発で、できるだけ小さくということでした。

c0004062_1162138.jpg


裏面。
c0004062_116321.jpg


内臓。
c0004062_1164560.jpg


15mm厚のパイン合板を黒の潰しで塗装しました。
取手、ゴム足含まずのサイズは、H372*W372*D180mmです。
内臓を見ての通り、ミリ単位のギリギリのクリアランス。
スピーカはJensen P-12Rです。これ、いかにもFender的なクリスピーな音がして好きです。軽いのも◎。
裏蓋は接着してないので、後面開放〜密閉までいろいろ試せます。
気に入ってくれると良いなあ。
[PR]
by org19 | 2009-07-20 11:17 | ギターアンプ
いつぞや作ったEL84-Champ五号機をエレハモの8インチスピーカとコンボにしました。

c0004062_14124242.jpg


裏側。スピーカ見えませんが。
c0004062_14125438.jpg

12mmラワンベニヤを目止め、着色、ラッカーして仕上げてあります。
いい加減この色も飽きてきたのですが、友人に見せたりすると案外に評判が良いんですよね…

エレハモの8インチ。安いんですが、歯切れ良くてなかなか良いです。
Weeberのアルニコ8インチは、ローミッドが豊かで太いんですが、場合によってはヌケが悪いと感じるかもしれません。
どっちも捨て難いのですが、CPでいったらエレハモですかね。
[PR]
by org19 | 2009-07-03 14:18 | ギターアンプ
マーシャルの18wコンボ1974Xを、1チャンネル、トレモロレス、差動、ダイオード整流と、いつものメニューでお手軽にしたアンプです。

c0004062_15581498.jpg

セレッションのGreenBackとコンボにするつもりで吊り下げ用にしました。
EL84にリテーナーがついてますね。

内臓。
c0004062_15583850.jpg

ノグチのPMC-100Mと、ギャレット扱いのフェンダーレプリカ8k:8Ω/15WのOPT。
CRはXiconとかオレンジドロップとか。手持ちでだいたい賄えました。
配線材はFenderレプリカの布巻きワイヤ。
基板はラジデパ2階の桜屋で買ったビンテージもの。半田ノリが悪かったです。

回路図。
c0004062_15585267.gif

トーンコントロールが独特ですね。トーンのところ回路定数が見にくいですが、0.0047uFと0.01uFです。
12AX7の片方が空いてるので、パラにしてみるのも良いかもしれません。
バイアス調整はぺるけ式に片チャンネルのみ効きます。

前回のデラリバ風味アンプ同様ノイズが多いです。
2つのアンプの共通点は、Xicon、OrangeDrop、FenderレプリカOPT、クロスワイヤ。
Xiconかクロスワイヤのどっちかがノイズ源でしょう。
[PR]
by org19 | 2009-06-18 16:07 | ギターアンプ

6V6 P-P+ MojoTone10" ComboAmp

いつぞや作った6V6 PK分割P-Pアンプと、最近ヤフオクで手に入れたMojoToneの10インチアルニコをコンボにしてみました。


c0004062_2215435.jpg



c0004062_22155886.jpg


MojoToneって、Jensenのアルニコシリーズとよく似てます。中身は同じという噂もありますが、未確認。
同じ工場で作ってるのかな?

キャビはメルクシパインの集成材を木工ボンドで目止めしてラッカーで塗装してます。
セオリー通り、スピーカをセンターからずらしたんですが、なんか格好悪い。

ハンドルはギャレットで買ったFenderタイプの皮のもの。
これ、雰囲気あって良いですよね。

で、弾いてみてですが。
しかし、なんだろう、このイマイチ感…
コモるというか、キレが悪いというか。
JensenのP12Rの方が全然良いなあ。
10インチの設計は難しいってPARCの社長も言ってましたけど…このへん

キャビは今日作ったばっかりなので、もう数日おいてボンドとか塗装とか完全に硬化してくれば、また音も変わるかな?
もうちょい置いてみます。
[PR]
by org19 | 2009-06-12 22:21 | ギターアンプ
デラリバ風味2号機です。
前に作ったアンプが、部品の実装とかいろいろ問題有りで、気になっていたので、バラして再度組み直しました。
かれこれ3回ぐらい組み直されてますね、このアンプ。

c0004062_11154641.jpg


内臓。
c0004062_1115353.jpg


不謹慎にデカい部品を使ってます。
回路構成は、マイナス電源を70Vのタップから取っている他は先日のアンプと一緒なのですが、Xiconのカーボンソリッドとか、スプラグのATOMとかOrangeDropとか使ってるので、やたら嵩張ります。
電源はノグチのPMF-150M、OPTはFnederレプリカの6.6k:8Ω、25Wのものです。
解体前は整流管仕様でしたが、電力喰うし発熱するしで、コンボアンプには相応しくなかろうということで今回は非採用。

サクっと組み上げて、問題なく完成…のはずが、やたらノイズでます。
今回は、ヒーターノイズではないです。
プリアンプ周りは、Fenderレプリカの布巻きワイヤーで配線したんですが、これって浮遊容量がかなり多いみたいで、そのへんに問題あるのかなー?
[PR]
by org19 | 2009-05-29 11:37 | ギターアンプ

YAMAHA J-45B ベースアンプ

某スタジオに設置するよう、12~15インチスピーカを積んでいて、50Wぐらい出て、しかも廉価なアンプをヤフオクで漁っていたところ、適当な値段でこのアンプを落札できました。

ヤマハのJー45B、公称出力40W、15インチ一発のバスレフキャビです。
c0004062_10481338.jpg

コントロールが1ボリューム・3トーンとシンプルな点は好みです。

内臓1。
c0004062_1048286.jpg

スピーカは、50W、8Ωでした。
サイズのわりに意外と耐入力が低いんですね。

内臓2。
c0004062_10484033.jpg

ブロックコンの片方はアウトプットコンデンサのようです。

内臓3。
c0004062_1114036.jpg

トランジスタのパッケージが時代を感じさせます。
結構古いものですが、中も外も案外キレイで、不具合もありませんでしたので、ボリュームに接点復活材を差してメンテ終了。

とにかく安いものを探していたので音は全然期待してなかったのですが、適度なヌルさとコシがあって、きちんとローミッドが出てバンド内でも埋もれず、意外と良い音がしました。
出力40Wなので、ドラムに合わせると音量的にはギリギリですね。
[PR]
by org19 | 2009-05-29 10:57 | ギターアンプ
引き続き在庫処分アンプです。
6V6・固定バイアス・プッシュプルのデラリバ風味のギターアンプです。
プリ部は12AX7、12AT7で位相反転、出力管は6V6を固定バイアスで。
基本路線はデラリバですが、1ch構成でリバーブ/トレモロ無し、ダイオード整流、チョーク無し、定電流回路を用いた差動による位相反転、出力管の個別のバイアス調整などの違いがあります。

c0004062_04614.jpg

電源はストロングとかいうメーカーの300V/150mA出るトランス。
OPTはノグチのPMF-15Pを8k:8Ωで使ってます。
キャビはまだ作ってません。

内臓。
c0004062_0461411.jpg

今回もわりあいスカスカです。

回路図。
c0004062_0462528.gif

B電圧が思ったより高く出たので整流ダイオードに直列に51Ωを入れました。
無音時のP損失は、415V*25mAで10W程度にしてあります。
オリジナルの回路図も出力管のプレートおよびSGには415Vかかっていて、6V6にとっては、かなり酷な条件だと思います。
また、-50V程度のマイナス電源を得るため、ヒーター巻き線6.3V+6.3V+5Vを直列にして、倍圧整流しています。
Fenderアンプは伝統的に出力管が固定バイアスでもグリッド抵抗は高めなので、それに倣って、このアンプもグリッド抵抗は強気の220kΩです。

今回の6V6は、ラジオデパート1階(?)のキョードーで売っているTRONALというブランドのものですが、ペアで2000円程度で売っていたものです。
現行品の中でもとりわけ安いのですが、マッチドペアなのが信じられないくらいバイアス値に差があります。
1組しか買っていないので、たまたまハズレを引いただけなのか、なんなのかよくわかりませんが。
エレハモ等と比べると、動作も不安定な気がします。通電しているうちにキュルキュルいいだしたり。


で、試奏してみてですけど。
やっぱりFender型のトーンスタックは使い易いですね。
クリーンでも適度なコンプレッション感があって良いです。
ドラム込みのバンド演奏なら、クランチ程度までボリュームを上げてちょうど良い感じでしょうか。
ただ、ちょっとノイズが多いです。
ハム系でなくてジリジリいうノイズで、ヒーターから拾っているような気がしますね。
マイナス電源の平滑コンデンサで交流的にアースされているので、ここのコンデンサを増量したら多少はマシになりましたが、相変わらずノイズ多いです。
[PR]
by org19 | 2009-05-20 01:15 | ギターアンプ

EL84-Champ その5

シングルのギターアンプはこれで一応トドメのつもりです。
SEギターアンプ用トランスのストックが片付きました。

12AX7-EL84三結。
c0004062_14535897.jpg


電源はノグチのPMC-55F。OPTは東栄T-850。

内蔵。
c0004062_14541568.jpg


回路図。
c0004062_14542722.gif


12AX7のカソードのパスコンをいろいろ弄ってみましたが、結局Champ5F1と一緒の構成になりました。
これぐらいのゲインがちょうど良いみたいです。

前回作った5F1コピーと比較してみました。
6V6のようなビーム管を歪ませるとFender的なちょっとブーミーでゴリっとした音になるようです。クリーンは、ダンピングの低さに起因するのでしょうか、柔らかい感触です。
三結の方がクリーンは素直な音になるようです。歪ませたときは、プリアンプで作った歪みに近い感触があります。ゴリゴリいう感じはあまりありません。
ギターアンプでいうところの所謂パワー管の歪みというのは、ビーム管や五極管の入力容量の低さとEp-Ip曲線の肩特性とが密接に関わっているような気がします。
あと、6V6よりEL84の方が中域は強めに出ますね。
ぺるけ師匠のいう6V6の線の細さっていうのは、この中域の引っ込み具合のことかもしれません。
[PR]
by org19 | 2008-10-24 15:09 | ギターアンプ
俄に作り貯めたギターアンプ群ですが、まとめて箱を作ってみました。

正面。
c0004062_13124928.jpg

左列の上から、EL84シングル、6V6 P-P、6L6 P-P、右列上からChamp(B電圧高め)、Champ(B電圧低め)+エレハモ8inchスピーカとなってます。

裏面も。
c0004062_1313484.jpg


全部同じ色じゃつまらないので、赤いのと黒いのを作ってみました。
茶色は、ボンドで目止め、オイルステインで着色して、上からクリアラッカーを吹きました。
赤は、オイルステインの替わりに水性の顔料で着色してみました。
黒はカシューです。

ラワンベニヤを茶色く塗っても、イマイチ、ギターアンプらしくなりません。
やっぱりツイードとかトーレックスとか貼り込むと、それらしくなるんでしょうが、高いんですよね。

しかし、サンドペーパーのかけすぎで右手が筋肉痛です。
[PR]
by org19 | 2008-10-06 13:33 | ギターアンプ