真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

12AX7 SRPP-12B4A 全段差動アンプ

汗だくアンプ第2弾。

c0004062_22475441.jpg


6CW5を解体したシャーシを使って12AX7 SRPP+12B4A P-Pという、真空管8本も立てた暑苦しいアンプです。
といっても、ヒーター電力は12.6V*1.8Aと22Wちょいなので、実はたいしたことないです。

12B4Aって、情熱本にも「隠れた逸品」と書いてあったりして、前から使ってみたかった球です。
情熱本の影響か、秋葉原だと1本1500~2000円程度と、「お駄球」としては微妙な感じの値段でしたので、ヤフオクで購入しました。

前回、下処理が甘くてサンドペーパーのあとが残ってしまった塗装は剥がして、再度塗装。
今回は、近所のホームセンターで買った、ハンマートーン仕上げになるスプレーを使ってみました。
なかなか良い感じ。ま、上のトランス類が剥き出しなので、全体としてはあまり高級感はありませんが。

塗料の吹き加減でハンマートーン具合(?)が変わるようです。
厚めに塗るとハンマートーンは大粒に、薄めにぬると小粒になります。
厚塗りの必要は無いと説明書きにありましたが、極薄だとハンマートーンにならないかもしれません。

c0004062_22481771.jpg

内蔵。
SRPPにつき、初段の負荷抵抗がないので、中身はわりとすっきりしますね。
写真だと分かりにくいのですが、手持ち部品の関係で、カップリングコン4つのうち1つだけが違うという気持ち悪い使用です。
ま、気にしない。

c0004062_2249794.gif


回路図は、暫定版です。
手持ちのトランスで済ませたかったので、100V:70Vのトランスを倍圧整流して約180Vを得ています。
マイナス電源はヒータートランスを半波整流して得ています。
電圧が低めなので、出力段はグリッドを約17Vほどマイナスに引っ張ってなんとかやりくりしています。
問題は初段で、12AX7には170Vという電圧はちょっと低すぎるようです。
下側級のカソードにおける電圧は約0.3Vになってしまっています。
この状態で音出ししてみましたが、全く問題なくきちんと音が出ています。

ま、とはいえ、初速度電流の流れる0.7Vをはるかに下回っており、明らかにバイアスが浅すぎます。
CRDを1mAから、もう少し電流の少ないものに変更し、SRPPの上側球のカソード抵抗値を下げるべきでしょう。
…電源トランスを換えた方が手っ取り早いような気もしますが。
[PR]
by org19 | 2008-08-04 22:49 | オーディオ