真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

TS系OD

前回の250+がなかなか良かったので、それと比べるとイマイチ良くない18V仕様のエフェクタをバラして、TS系の回路で組み直してみました。

c0004062_2340329.jpg

パーツは見ての通り、EROとDALEが多いです。電源のケミコンはニチコンのMUSE。スイッチはフルトーン、ボリュームへの配線引き回しはGAVVIT単線、入出力はGAVVIT撚り線を使いました。
といっても、全てストック及び他のエフェクタをバラしたパーツなので、今回のために買ったものはありません。
あいかわらず、なんだかゴチャゴチャしますが。

定数的には、松美庵でゲットしたランドグラフを参考にしました。
といっても、ランドグラフもTSも808も、回路的には、Distortion+と250の違い程度の差しかないんですが。
ランドグラフは初段の非反転入力からバイアスに行くCRが、抵抗小さめ、キャパシタ大きめになってるのが特徴ですね。というか、それとダイオードの切り替えができる点以外はTSと一緒です。
TS系のMODエフェクタって、いろんなメーカーが作ってますが、回路云々より、むしろパーツ選定と実装方法で音を作っているとことが多いようですね。そんな気がします。

で、今回も、18V仕様で作ってはみたんですが、どうも9Vで動かした方が良さげです。
18Vだと確かに、上も下も出てワイドレンジな感じはするんですが、やはり音が引っ込むような印象です。
この手のブースターは、大概はレンジが狭めになっていることが多いんですが、ギターらしい中域のブースト感を表現するには、それが適しているのかもしれないです。
オペアンプをソケットにしてあるので、いろいろ差し替えて試してみます。
[PR]
by org19 | 2007-06-29 23:59 | エフェクター