真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

GrassRoots LPCのナットとブリッジサドル交換

前回、オーバードライブを内蔵したグラスルーツのカスタムですが、ナットとブリッジがイマイチなので交換してみました。

c0004062_0134744.jpg

まずブリッジサドル。
上は交換後ですね。
ギターワークスで買いましたが、どうやらブラスサドルのようです。
で、下が取り外したほうのサドルとナット。
c0004062_01406.jpg

どっちも、かなり大味な溝切りがしてあるのが分かるでしょうか?
まあ、値段相応だとは思うんですが。

で、下は、左側が作ったナット、右側が古いナットです。
c0004062_0133770.jpg

牛骨で作りました。1、2弦の溝はちょっと斜めに切りすぎたんですが、見なかったことにしておいてください。

ナットもブリッジサドルも溝切りをタイトにすると、音もタイトになるような感じがしますね。
モサッとしていたアタック音が、きちんとエッジがたつようになりました。
あと、ブラスサドルも、牛骨ナットも共に、高域の情報量が増えるというか、倍音が増えるような感じがします。
クリーンでも高域のキラキラ感が出てきて、歪ませてやるとギャリーンと鳴るようになりました。
とても3〜4万円で売ってるギターとは思えません。
やっぱり、ナットとブリッジって重要だなあ。
ピックアップ換えたり、塗装リフィニッシュしたりするよりも、テキメンに効果ありますよ。
鳴らないギターにいくらいいピックアップ載せたっていい音はしないけど、鳴るギターにノーブランドのピックアップ載せたら、きちんと鳴るもんね。

ええと。
アウトプットの配線を網線シールドに換えてやると、また感じがかわるんでしょうけど、今のところ出音としては、かなり硬めです。
メタルというよりも、ハードロックだなあ、この音は。しかも、あんまり古くないやつ。
あんまりブルースロックじゃない。
タイトでドンシャリなので、LAメタル的なリフワークにも合いそう。
ああ、黒カスタムでハードロックだから、ジョン・サイクスか。

そういえば、持ち主のリクエストはXTCだったような気もしますが…ま、いいか。
[PR]
by org19 | 2007-01-14 00:38 | ギター・ベース