真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

DynaCompとBluesBreakerとPhase90のできそこない

はい、どうもこんばんは。
腹痛はその後、一週間程続きましたが、ようやく治りました。
一週間も続くからには、賞味期限切れの牛乳のせいではなかったようです。
あいかわらず原因不明。

で。
卒業式前後、週休4日の生活とか言ってたわりには、いざ帰ってきちんと仕事をしだすと、意外と忙しいわけですよ。
まあ、更新をしなかった言い訳ですけど。

で。
その合間をみてチマチマとエフェクターなぞを作ってたわけです。
これ。
c0004062_1454578.jpg


こっちが中身ですね。
c0004062_146430.jpg


左からマーシャルのブルース・ブレイカーのコピー、MXRのダイナコンプ、フェイズ90のコピーです。

ブルース・ブレイカーはケースが余ってたので、余り物のパーツで組みました。
何も考えず穴を開けたので、フットスイッチがとても踏みづらい配置ですね。トーンツマミをもっと上にすれば良かった。
まあ、でも音はなかなか良いです。コンデンサは、要所でちょっと高級なやつを使ってみました。効果の程はイマイチ分かりづらいですが。
それより、グラスファイバーワイヤーがとてもマッチングが良くて、ジャリジャリとザラつく感じの音がとても良いです。
ゲインはそれほど高くなくて、Distortion+とかガヴァナーと同程度ですね。
ブルースロックとか、古めの音楽なら必要十分。
テレキャスとはベストマッチ。イナたい無骨な感じ。
ハムのギターでも、まずくはないですね。
わりと気に入りました。
ま、歪みのエフェクターなんてほとんど使わないんですけど。あと、字が汚いな。

次。
ダイナコンプのコピーです。
僕の記憶の中のダイナコンプは、かなりエグく「パッコーーン」とかかるイメージだったので、とにかくハデにアタックが出るように作りました。
で、時間をみつけて浜松の楽器屋で本家のダイナコンプを試奏したんですが、あれ?思ってた程エグくない…けど、エグい方がいいなあ…というわけで、現状維持。
テレキャスのリアに、このコンプをかまして、サスティーンツマミを最大にしてやると、ヴェンチャーズじゃないですか!
ピシャピシャいうスプリングリバーブもあれば完璧。

最後。
フェイズ90のできそこないです。
フェイズしません。
ここ数日間、毎晩、回路図とにらめっこしながらデバッグしてるんですが、エフェクタ作りで一番嫌なのが、このデバッグの作業ってやつで。
最近、ここが更新されない一番の理由がこれです。

何箇所か直したんですが、これ以上間違いが見つからないので、これはもうパーツの不良もしくは破損じゃないかと。
故障したパーツを探し出して交換するのも、またデバッグ以上に面倒なので、こいつは破棄して新しく作り直そうかなあ。高いものでもないし。
もうオペアンプ3つもある基盤のデバッグとかしたくないよう。

ま、そんなこと言ってると、電気を専門でやってる人には笑われそうですが。
[PR]
by org19 | 2006-04-11 02:02 | エフェクター