真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

hikikomori3 Costumとシャア専用ランディーV

実家に帰ってすぐ、立て続けに葬式やら何やら入り多忙してました。

で、まあ、荷物の整理がだいたいすんだところで、不要品を片っ端からヤフオクにかけてます。
漫画とか、ギターのパーツとか。
漫画は、いつ交通事故とかの不慮の事故で死んでも大丈夫なように、マズい漫画を中心に処分。
駕籠真太郎とか、町田ひらくとか。
早見純と「まんがサガワさん」は、持っておきたいような気もしているのですが、どちらも確実にマズいので、やっぱり処分しようかと考えあぐねてます。

で、それから。
東京のアパートを引き払う前日の最後の晩餐の時の景品にしたフェルナンデスのフロイドのギターですが、結局、置き去りにされていたので、いたく気に入っていた様子のhikikomori3に譲ることにしました。
ヤフオクに出しても値段つかないしね。

で、hikokomori3用にカスタムしたのが、下のFR-hikimori3 Custom「ぶっきらぼう」です。
c0004062_15211446.jpg


本来は3つピックアップがついていたところを、リア1発にして、コントロールも1ボリュームのみ。
hikikomori3が「リアしかコイルがついてないところが、本当にぶっきらぼうでかっこいいギターです! 」と言っていたので「ぶっきらぼう」。
たぶん90年代前半のFR-55(定価¥55000)あたりだと思います。もとはアクティブだったので、もう1ランク上かも。

ピックアップは、後述のVのフロントについてたメーカー不明のピックアップです。
たぶん、80年代のフェルナンデス。
何かにコイルをぶつけたらしく、断線してたので、分解して修理しました。
この、断線したピックアップの修理って、ホントに細かい作業なので、ほとんど成功した試しがないんですけど、今回はなんとかうまくいきました。

あと、ポッティングしてなかったので、鍋一杯に溶かしたロウソク(ホントは鍋じゃなくて空き缶ですけど)に放り込んで、ワックス含浸。
磁石はセラミックで磁力が強く、直流抵抗も大きいので、かなりハイパワーだと踏んでたんですが、案の定。
音的にはディマジオのスーパーディストーションとかに近いんでしょうか。
ディマジオ的な中高域のクセはありませんけど、はじけるような元気の良さがあって好感触。

c0004062_1521286.jpg

キャビティの中も実にシンプル。男らしいですね。
ポットはCTSの500KB、出力のホットはGEの撚り線、アースは極太のエナメル単線。
どうしてもフロイドだと音が軽くなりがちなので、アースを太い単線にして少しでも低域が出るようにがんばりました。
ジャックは定番スイッチクラフト、アウトプットの半田は1930年代頃の極上Kester。

要するに、あまりもので組んだんですが、電気系は良い素材を投入したので、音はなかなか良いです。
まあ、クリーンで使うことはないでしょうから、深く歪ませてHR/HMやるぶんには、かなり気持ちよく弾けると思います。
僕のイメージだと、マーシャルに突っ込んで弾くと、X-Japanの音。
ま、90年代前半のフェルナンデスだしね。

弦は09-42と若干細めのhikikomori3仕様。
クリーンは考えてないので、多少のビビりは気にせず、弦高低めのセッティング。
というわけで、今度上京したときに渡します。
気に入ってくれるといいなあ。

次。
EMG、フロイド、変形という頭の悪そうなメタルギターが欲しくなったので、ヤフオク漁り。
c0004062_15214246.jpg

80年代のフェルナンデスのランディーV、色はシャア専用の赤です。
まあ、色はホントは黒が良かったんですが、そう都合良くは出品されてないもので。

出品者はスルーネックと言ってましたが、バラしてみると、セットネックでした。
フレットは小さめのヴィンテージタイプ。
僕が弾いたことある80年代のフェルナンデスって、レスポールなんかでも、ヴィンテージ系のフェンダーと同じような細いフレットばっかりなんですけど、何故でしょう?
ピックアップはリアにEMG85がついていて、フロントは断線してた前述のピックアップが乗ってました。
リア一発で、ってことでしょう。

で、セオリー通り、分解、クリーニング、再配線。
ピックアップはリアにストックのEMG81、フロントに85を載せて、ザックワイルド仕様。
2ヴォリュームで、ポットはコスモスの30KB。
配線は、WEの撚り線をホットに、太めの銅単線をアースに。
ランディVって、ジャックが変なところ(写真でいうと左下のウィングのあたりですね)になるので、意外と配線の取り回しが面倒なんですね。

それから、フローティングセッティングができなかったので、ボディのブリッジの付近をザグって、フローティングできるようにしてます。

で、音出し。
そうそう。81ってこんな音だ。
ある部分、上のhikikomori3カスタムの方が気持ちいいかも。
まあ、飽きたらまたヤフオクで売ると思います。

あと、レスポールいじったりもしましたが、それは後ほど。
[PR]
by org19 | 2006-02-16 16:03 | ギター・ベース