真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

テレリペアと冠婚葬祭

昨日、今日と葬式が2件、明日は結婚式で、東京から浜松、浜松から岐阜、岐阜から浜松に戻って、今度は岡山と、まさに東奔西走です。

で。
サークルの先輩のM本氏よりテレキャスのリフレット・ナット交換を頼まれたので、今回は詳細をアップしつつリペアを進めます。

c0004062_048296.jpg

まずは、届いたところから。
ネックを外した状態でキ○コーズの名前入りの箱に入って送られてきました。
あ、もうこの写真の時には電気系は外してありますね。

c0004062_0513352.jpg

ナットが割れてます。かなり弾き込んであって、今まで見たことがないぐらいフレットも減っています。

c0004062_0521960.jpg

塗装も割れ、剥がれがけっこうありますね。
トラ目はプリントなので、塗装が剥がれた部分はトラも一緒に剥がれてます。

まずは、リペアの方針を決めます。
・リフレット:オリジナルに近いフェンダーのヴィンテージタイプのフレットに打ち直します。
・ナット:今回も僕のお気に入りのTUSQを使ってみます。
・塗装:
もともと依頼はされてなかったのですが、だいぶ状態が悪いので、ボディのみリフィニッシュします。オイルフィニッシュを予定。アンバーで木地着色してオイルを塗る予定。微妙にレモンバーストぽいサンバーストにしても良いかもしれません。ちなみに、ボディはメイプルトップのアルダーバックという、ちょっとレスポール的な音も狙ってるのかな?という感じですね。シリアルが見当たらないので年代は不明ですが、たぶん90年代中頃でしょうか?全体的な作りは丁寧で好感触。
ネックはメイプル1ピースにローズ指板ですが、このネックもなかなか良さげです。
・電気系:
ポットは道具箱にCTSがあるので、それに交換。
コンデンサ、配線材もストックの中から合いそうなものを選びます。
まあ、クロスワイヤを中心に配線して、アウトプットは様子を見て決めます。
コンデンサはとりあえずブラックビューティーの047を予定。
ピックアップはリアがダンカンに交換されてました、フロントはオリジナルのままのようです。ピックアップはフロントの出力をクロスワイヤーに交換予定ですが、基本的にそのまま使います。
あと、オンオフスイッチ等、M本さんの好きそうな、バカっぽいギミックを組み込む予定。
ハイパスボリュームは、後で様子を見て。
その他:コンターの追加を打診中。


というわけで、まずはフレットを抜きます。
c0004062_0591397.jpg

はい、抜きました。
下のペンチみたいのがフレット抜き用のニッパー、その下のアルミのL字型の棒は平面を出すときに使うストレートエッジです。ジャンボエンチョーで買ってきたアルミのL字材を削ってます。

フレットが抜けたら、指板面修正します。
c0004062_12521.jpg

今回は、ほとんど反りや捩じれは無かったので、軽くならすだけにします。
なので、中細目のサンドペーパー#320をサンディングブロックにつけて、擦り合わせします。
このサンドペーパーは、3Mから出てる裏に接着剤がついてるタイプなんですが、自分からサンディングブロックにピッタリくっついてくれるので、擦り合わせにはとても便利です。目詰まりもしにくいし。
で、平面が出たところで、#600のペーパーで軽くなでて、スチールウールで磨いて、レモンオイルを塗ったのが下です。 表面を削ったので、前の写真とくらべて、指板がかなりキレイになってるのが分かってもらえるでしょうか?
c0004062_18327.jpg

あ、もう、塗装剥離にはいってますね。
冬なので、ストーブで暖めて塗装を柔らかくして、スクレイパーでペリペリ剥いていきます。
今日は疲れたので、表面を剥がしたところで終了。
乞うご期待。

ええと。
といっても、明日は岡山で結婚式なので、更新できるかわかりません。
よろしう。
[PR]
by org19 | 2006-01-20 01:11 | ギター・ベース