真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ストラト三昧

毎日うだるような暑さの中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は、午前はお盆参り、午後はストラトいじりに明け暮れております。

というわけで、GrecoのSE-1200調整完了。
詳しくは機材のページを見て下さい。
FenderよりもFenderらしい音がします。すばらしい。

あと、ヤフオクでストラト用ピックアップを買ったら、オマケでボディとネックまでついてきたので、手持ちのパーツで組み立ててます。
Junoっていう聞いたことないメーカーの合板ボディで、極限まで安っぽい音がしますが、なんか逆に良いです。これはこれであり。
ブリッジはSE-1200の安い音のする一体型ダイキャストブリッジ、ピックアップはノーブランドでF/Rのみ、センターの時にはスイッチでフェイズアウトもできます。ムスタングみたいなの。
ナットがダメになってたので、楽器屋で牛骨を買って来て自作。案外簡単だね。
あと、ボリューム、トーンは国産の安物POTで敢えて500KA。シャリシャリした音を狙ってます。コンデンサはマイラの047がついてますが、セラコンに交換予定。容量は047もしくは033だね。
ボリュームはテレキャスみたいにハイパスにしてあるので、絞るとローが削れて、これまたチープな音になります。
配線はどこにでもあるビニール皮膜の撚り線を中心に、アウトプットはアルファの古いラッカーコーティングのクロスワイヤ&アルファのヴィンテージ半田。どっちもチープな感じがうまいこと強調されて良い感じ。

しかし、色があんまりなのでリフィニッシュ。
といっても、このギターでいい音を出そうなんて微塵も思ってないので、塗装は剥がずに上塗りすることにしました。
Fenderのスチューデントモデルみたいな仕上がりを目指します。
ムスタングとかデュオソニックみたいなイメージ。眼鏡の女の子がテケテケ弾いてそうなイメージ。

今日は表面を軽くサンドペーパーで磨いて、白ラッカーで捨て吹き、その後、黄色ラッカーで本塗装。
明日は、クリアを吹きます。ちなみに、ラッカースプレーはホームセンターで一本165円なり。

上がもとの色、下が現在リフィニッシュ中のです。
あ、ピックガードも塗装してます。

c0004062_227720.jpg


c0004062_227198.jpg


今後に乞うご期待。
[PR]
by org19 | 2005-08-14 22:20 | ギター・ベース