真空管アンプ、ギター等のBLOG


by org19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ベース用 EQ+COMP+歪み

最近、バンド活動を再開しましてベースを弾いてるわけですが、ベーシスト的には、イコライザとコンプと歪みがあれば9割方は間に合うわけです。
ということで、いろいろ機材を持ち歩くのも面倒なので、一台でコトが足りるようにちょっと作ってみました。

外観。
c0004062_22133471.jpg

タカチの丁度良さげなケースが転がってたので採用しました。
踏んずけることを考えたらちょっと華奢ですが、安いし軽いので、まあ目をつぶりましょう。

中身。
c0004062_22134625.jpg

最近お気に入りのリボンコードを使ってみました。
もうちょっと頭を使って配線すれば、あちこち捩じれたりせずにもっと奇麗に収まったのではないかと。
電源は、ACアダプタも面倒だし、006P電池を頻繁に交換するのも面倒だし、ということで単三電池六本で動かす事にしました。

回路図。歪み。
c0004062_2214055.jpg

元ネタは、おなじみひよこドライブブースターです。
オペアンプはテキサスのTL072を使ってます。
この手の回路は、一段目のオペアンプの反転入力からアースに落とす所でローカットしてるので、ここに元ネタの十倍ぐらいの容量のフィルムコンを突っ込んでみました。
ギター用として使うにはイマイチですが、ベース用としては、音の細くなる感じが少なくて良いです。
ちなみに、RATなんかはここにケミコンが入ってるので、マネして3.3uFのケミコン入れてみましたが、太さは出るものの低音が暴れる感じでイマイチでした。


EQ。
c0004062_22141190.jpg

元ネタは、やはりひよこのトーンボックスです。
最近、yanmo氏のサイトでも取り上げられている、典型的なオペアンプを使ったBAX型のイコライザです。
オペアンプはLF442という消費電力の少ないものを使ってます。出音は、なんだか滑らかな感じ…かな。
原回路より、ミドル・ベースともに少しコントロール周波数を下げてます。
ジャズベ・ミックスポジションでドンシャリにすればマーカスサウンドになりました。
ミドルを上げても1kHzあたりがブーストされてコーコーいうこともなく、もう少しふくよかな感じになると思います。

で、真ん中の空きスペースにはコンプが入る予定ですが、手元に部品がないので、揃い次第組み込んでみたいと思います。
[PR]
by org19 | 2009-02-21 22:33 | エフェクター